heilmann_2e38080e3838fe382a4e383abe3839ee383b32ドイツのダルムシュタット生まれ。85年、ゲンネヴァインに才能を認められ、シュトットガルト国際歌劇場のメンバーとなり、ジュネーブ歌劇場、ウィーン国立歌劇場、バイエルン国立歌劇場、ベルリン・ドイツ・オペラ等に出演。89年にはザルツブルグ音楽祭デビューを果たし、メトロポリタン歌劇場では「後宮からの迷走」ベルモンテ役を、ルートヴィヒスブルグ音楽祭では「魔弾の射手」マックス役を歌い、大成功を収めた。主なレパートリーは、上記の他に「皇帝ティトの慈悲」のタイトル・ロール、「魔笛」のタミーノ、「オテロ」のカッシオ、「さまよえるオランダ人」の舵手など30以上にのぼる。コンサート歌手、リート歌手としての活躍も目覚しい。CDの録音は、ペーター・シュライヤー指揮ライプチヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団との共演による「宗教曲・テノールアリア集」、ジェームズ・レヴァイン伴奏によるシューベルト「美しき水車小屋の娘」など、40作品以上にも及ぶ。現在、鹿児島国際大学客員教授、洗足学園音楽大学客員教授、名古屋音楽大学客員教授、都城音楽祭音楽監督を務めている。